名古屋市中川区で自動車修理・販売・車検を承っております「車検のトップス」です。
トップス車検は、25年以上の信頼に基づき、早くて安心・丁寧でリーズナブルな車検として、皆様にご愛顧いただいております。
 

冬は突然のバッテリー・トラブルが多い

今年は暖冬になると予想されていましたが、いまのところ寒い日々が続いていますね。
寒くなると多くなるのがバッテリーのトラブル。
JAFロードサービスのWebサイトデータを見ても、バッテリーのトラブルが圧倒的に多いのがわかります。
http://www.jaf.or.jp/rservice/data/2013/season.htm

気温が低いとバッテリー液の働きが悪くなる

冬の朝などは、ボンネット内の気温がとても低下した状態になります。
すると、バッテリー液の比重は下がり、電圧も低くなってしまいます。
比重が下がるということは電気を蓄える量が下がるということで、電圧が低くなるということは発電する反応が悪くなるということです。つまり、気温が低くなると「バッテリー液の働きが悪くなる」のです。
 

トラブルを脱する方法がない

バッテリー液の働きが悪くなると、エンジンがかからなくなってしまいます。
エンジンがかからなくなる、というのは、当然ですが、車が動いている間には起こりません。
朝、会社に行こうとしてエンジンをかけたら……動かないっ!!、ということがほとんどです。
こうなったら最後、このトラブルを脱する方法はないと思った方が良いでしょう。バッテリー液を補充したり、充電したり、あるいはバッテリーを交換するしか解決できません。
 

定期的にチェックしておきましょう!

こんな困った事態にあわないようにするには、事前にチェックしておくことしか手段はありません。
バッテリー液はしっかりと適正量入っているか、バッテリー液の比重は低下していないか、バッテリーの電圧は正常か……。
点検機器が必要となる項目がありますので、『車検のトップス』にお立ち寄りいただき、お気兼ねなくバッテリーチェックをお申しつけください。円滑に作業させていただくには、事前のお問い合わせ(ご予約)が必要となりますので、ご了承ください。
 
 
万全なバッテリー状態を保って、冬のバッテリー・トラブルとは無縁となっておきましょう!
今後とも『車検のトップス』をご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。